『家』購入マニュアル
不動産会社選び
 
不動産会社は皆さんの周りにもたくさんあります。大手不動産会社から地域に根ざした個人商店までこの中から良い不動産会社にめぐり合うには下記のような点に気をつければより良い不動産会社にめぐり合うことが出来るでしょう。
 
1.宅地建物取引業免許番号
信頼できる不動産会社の選び方でまず誰にでも確認できるのは宅地建物取引業免許番号です。 これは下記のように表示されています。

○○県知事(○)○○○○○号
国土交通大臣(○)○○○○○号

まず○○県知事又は国土交通大臣の表示についてですがこの違いは1都道府県内だけに事務所を設置している場合は前者、2つ以上の都道府県内に事務所を設置している場合は後者です。国土交通大臣免許の方が権威があるように思われますが実質的な内容はほとんど変わりありません。前者の場合でも全国で営業活動は行えますのでこの部分にはあまりとらわれないようにしましょう。
次に(○)内の数字についてです。これは免許の更新回数を表すものです。したがいましてカッコ内の数字が大きければ大きいほど長年不動産業を営業しているということです。(1996年4月1日より5年更新、それ以前は3年更新)但し免許番号が長いからといって安心してはいけません。あくまでも目安として下さい。

 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
2.広告をみてチェック 
不動産広告は「家」を探すにあたっての貴重な情報源です。不動産会社の信用度をチェックする上での重要な判断材料にもなります。最近ではあまり見られませんが広告の内容と事実が異なっていないかどうか?仮に事実だとしても誇張に表現されていないか?あまりにも事実と異なっていたり誇張に表現しすぎている場合は注意をして下さい。

 
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 
3.店舗の雰囲気
やはり一番はお店に行って雰囲気を見ることではないでしょうか?
不動産会社の姿勢を感じられるのはやはり店舗に来店したときです。丁寧な対応で誠意を持って対応してもらえれば必然的に伝わってくる物は感じられると思います。
これは不動産会社を選ぶ場合でなくてもそうですよね。まず来店してみてご自分の肌で雰囲気を感じてみて下さい。 

 
 
|  1. 予算を決める |  2. 「家」選び |  3. 不動産会社選び |  4. 契約、引渡し |